「キレイ女子の魅力と努力」のパサつく髪の毛のページです。

髪の毛がパサつく原因は

髪の毛がパサつく原因は、ゴムで髪の毛を結ぶ時の摩擦でキューティクルが傷つく事や、静電気で乾燥してしまう事やカラーリングをしすぎてしまう事など理由は沢山あります。それを補うのに、シャンプーやリンス、トリートメントが活躍します。シャンプーは主に汚れを取り除きます。しっかり泡立てて洗い流す時もしっかり流します。リンスは髪を補う役目をもっているのです。リンスもしっかり流して髪の毛に残らないようにします。残って地肌についたままになっているとニキビやできものの理由になってしまいます。髪の毛を乾かす時にタオルでこすりあわせずに、叩くようにしてタオルで乾かすとキューティクルが傷つきにくくなります。自然乾燥よりはドライヤーで早めに乾かすといいです。長い間放っておくと、開いているキューティクルから栄養がどんどん垂れ流しになってしまうので、早く乾かしてキューティクルを閉じてしまいましょう。そんなささいな事ですが続けるとしない時と比べて髪の質が変わります。痛んだ髪の毛をそのままにしておくと、からみやすくなってしまったり、髪が細くなっていき抜けやすくなったりします。日焼けなどによる痛みから髪の毛の質が変わってしまう事もあるので、なるべく髪の毛を日差しに長時間さらせないようにした方がいいですね。生活をしていくとどうしても髪の痛みからはさけて通れませんが、それを補う努力をしていくことで髪のパサつきから解放されます。

このページのトップへ

Copyright(C) キレイ女子の魅力と努力 All Rights Reserved.